フィリピン武術 アーニス・カリ

Mutya Filipino Fighting Arts Academy総本部

アーニス(Arnis)・エスクリマ(Eskrima)・カリ(Kali)

フィリピンModern Arnis Tapi Tapiの日本代表支部です。

 

モダンアーニス公認インストラクター Guro Mildred Nkamuraによる指導を行います。

アーニス(Arnis)とはエスクリマ(Eskrima)またはカリ(Kali)とも呼ばれる、フィリピン武術の名称です。  フィリピンで行われている素手、棒やナイフ、紐といった武器術を持つ武術である。公式にフィリピンの国技と認められており、学校の体育教育にも取り入れられているほか、国体の正式種目ともなっています。

「エスクリマ」や「アーニス」という名称は、フィリピンがスペイン統治されていた時代にスペイン人によって付けられた名称で、スペイン語では「エスクリマ」はフェンシング、「アーニス」は鎧です。

フィリピンでは地方によって様々な名称で呼ばれていた。「カリ」という言葉はビサヤ語のkamot(手)とlihok(動き)に由来し、両者の頭文字をとった言葉です。

アメリカでは警察や法執行機関でも採用されているほか、フィリピンの特殊部隊やアメリカ軍の格闘術にもアーニス(Arnis)の技が採り入れられています。

 

Guro Mildred Nkamura


こちらのカルチャセンター2ヶ所でも行っております。

ario八尾  セブンカルチャー・クラブで体験できます。

曜日・時間帯第2・4日曜 17:30~18:30
 開催日開催中
 回数月2回
 講師 モダンアーニスタピタピ日本支部首席師範
Guro Mildred Nkamura 
 HPセブンカルチャー・クラブ
 お問い合わせ072-992-8100

もりのみやキューズモールBASE アーニス・カリ

講師名モダンアーニスタピタピ
日本支部 首席師範
Guro Mildred Nkamura
曜日毎週 月時間19:00 ~ 20:00
受講料(税込)5940円教材費(税込)
持ち物なし
HPカルチャープラザ森ノ宮

モダンアーニス・タピタピ・ジャパンはフィリピンのModern Arnis Tapi Tapiの日本代表支部です。

※ カルチャーセンターの詳細は各ホームページをご覧ください。